無料で簡単作成♫ iMovieを使ったエンドロールの作成方法(Mac編)

create-endroll-iMovie-forMac-eyecatch




・余興動画の最後にエンドロールを付けたいけど、どうやって作ればいいかわからない。

・無料ソフトで簡単にエンドロールって作ることはできるの??

上記でお悩みな方々に対して、この記事では、iMovieを使ったエンドロールの作成方法を紹介します。

僕もサクッと作りたいときに利用しますが、時間を掛けずにクオリティの高いエンドロールを作成することができます。

しかも、無料です。

記事内では、エンドロールの作成手順を2ステップに分けて紹介していきます。

一度読めば、あなたの思い描いたエンドロールをお手軽に作ることができます!

補足
この記事では、iMovieソフトを使用しています。Premiere Proを使ったエンドロールの作成方法はこちらを参照ください。

iMovieとは

imovie image

iMovie(アイムービー)とは、Appleの動画編集ソフトです。

同じアップルの動画編集ソフトであるPremiere  Proよりは、一般向けで、編集の自由度は劣りますが、直感的で簡単に映像作品を作ることができます。

一般的と言われていますが、エフェクト機能や出力するファイル形式、YoutubeやFacebookへの直接アップロードなど、機能は十分です。

iOS版も配布されており、iPhoneでも編集の作業ができます。

MaciPhoneには、出荷時からアプリがインストールされており、無料で利用することができます。

この記事では、Mac OS版のiMovieによるエンドロール作成ステップを紹介していきます。

作成ステップ①:エンドロールタイトルの配置

create endroll iMovie process-0

タイトルからエンドロールを選択し、タイムラインへドラッグ&ドロップします。

エンドロールタイトルを使用することで、標準で再生すると下から上へテキストがスクロールする仕様になっています。

続いて、テキストの編集を行います。

作成ステップ②エンドロールのテキスト編集

create endroll iMovie process-1 create endroll iMovie process-2

タイムラインへ配置後、エンドロールタイトルの長さを調整します。

ダブルクリックすると右上のモニターで文字の編集が可能となります。作成したいエンドロールの内容に合わせて、テキストを修正します。

フォントの変更やフォントサイズ、太字、文字色なども変更できます。

create endroll iMovie process-3 create endroll iMovie process-4

エンドロールタイトルを映像や画像の上に配置することで、背景はそのままでテキストだけスクロールすることができます。

映画のように背景が黒いエンドロールにしたい場合は、エンドロールタイトルを単独でタイムラインに配置することで実現できます。

まとめ

iMovieを使用したエンドロールの作成方法の紹介でした。

標準でエンドロールタイトルが準備されているので、簡単に以下の2ステップで作成することができました。

  1. エンドロールタイトルの配置

  2. エンドロールのテキスト編集

ただし、標準で準備されている分、横からテキストをスクロールしたり、テキストや配置に関するカスタマイズの自由度はありません。

さらに凝ったエンドロールを作りたい方は、Premiere Proを使用したエンドロールの作成方法を参考にしてください。