【超簡単!】ワイプの動画編集方法(iMovie/Premiere Pro)

ワイプの動画編集方法のアイキャッチ




  • ワイプってなに?
  • ワイプの動画編集ってどうやるの?

ゲーム実況動画やテレビ番組でよく見かけるワイプ映像。

この記事では、iMovieとPremiere Proを使ったワイプ編集手順を説明していきます。

動画の上に動画を重ねる”ピクチャ イン ピクチャ”という機能を使って簡単に設定することができます。

ワイプとは

最初にワイプの説明をしていきます。

ウィキペディアでは、以下のように定義されています。

ワイプ(wipe)とは画面片隅の斜め上下左右から画面を丸形・三角形・ひし形・星形・ハート形・格子形・時計針形に拭(ふ)き取るように切り替えて次画面を映す映像技術。「ワイプインする」「ワイプアウトする」などと表現する。「wipe=(汚れなど)を拭(ふ)き取る」が語源。

転じて画面片隅・小窓に映像を表示することもワイプと呼ぶ(コーナーワイプ)。

引用元:ウィキペディア(Wikipedia

皆さん思い描いているワイプは「画面片隅・小窓に映像を重ねて表示する」だと思います。

 

ワイプのサンプルキャプチャ

引用元:ぱくたそ(https://www.pakutaso.com/playinggames.html)

テレビ番組やゲーム実況でよく見かける上図のようなワイプについて、編集方法を紹介していきます。

ワイプ編集方法(iMovie編)

iMovieのワイプ編集手順です。

動画をタイムラインへ配置する作業から説明します。

初めてiMovieを使う方は、初めての方向けiMovie完全ガイドを参考に基礎となる作業を確認しておいて下さい。

 

ワイプの動画編集方法 iMovie編その1

ワイプの動画編集方法 iMovie編その2

タイムライン上に配置した動画の上に、ワイプとして表示したい動画をドラッグ&ドロップで配置します。

 

ワイプの動画編集方法 iMovie編その3

配置した動画を選択した状態で、「ピクチャ・イン・ピクチャ」を選択します。

 

ワイプの動画編集方法 iMovie編その4

上図のように、ワイプ動画のように小さくなった状態になります。

 

ワイプの動画編集方法 iMovie編その5

ワイプ動画をクリックしたまま移動、合わせて大きさを調整します。

以上でワイプ動画の編集は完了です。

 

ワイプの動画編集方法 iMovie編その6

上図の設定を変更することで、ワイプ動画を表示する際のエフェクトを変更することができます。

デフォルトでは、ディゾルブの0.5秒となっています。

再生して、どのように変更されるか試してみてください。

特にこだわりがなければ、ディゾルブで問題なしです。

 

ワイプ編集方法(Premiere Pro編)

続いてPremiere Proを使用したワイプの動画編集手順です。

iMovie編と同様、動画の配置から説明します。

Premiere Proを初めて利用する方は、Premiere Pro動画編集の基本作業を確認しておいて下さい。

 

ワイプの動画編集方法 Premiere Pro編その2
  1. ワイプにしたい動画をタイムライン上にドラッグ&ドロップで配置します。
  2. 自動的に縮小された動画がプログラムモニターに表示されます。

 

ワイプの動画編集方法 Premiere Pro編その3

モニター上のワイプ動画をクリックして選択します。

 

ワイプの動画編集方法 Premiere Pro編その4

クリックした状態で移動、大きさの調整ができるようになります。

配置したい場所、大きさに調整してワイプ完成となります。

Premiere Proでは、ピクチャ・イン・ピクチャを意識せずに、簡単にワイプ動画を作成することができます。

 

まとめ

iMovieとPremiere Proを使ったワイプ動画の作成手順の説明でした。

編集ポイントは共通して、

  1. タイムライン上に動画を重ねて配置
  2. 大きさ、配置場所を調整

と簡単にワイプ動画を作ることができます。

一度覚えると簡単なので、是非実践してみてください!