iphoneでお手軽!撮影した動画を早送り・スロー 再生して保存する方法

iPhoneで簡単に撮影動画の早送り、スロー再生編集ってできるの? この記事では、iPhoneで撮影した動画の早送り・スロー再生動画の編集方法を紹介します。 iPhone標準でインストールされているiMovieアプリを使用します。 無料で使用することができ、アプリを立ち上げて2ステップで誰でも簡単に編集できます。 SNSへの投稿や余興動画作成の一部として、参考にしていただければと思います! Contents 1 iPhoneアプリ版のiMovieについて 2 早送り、スロー再生編集 3 編集動画の書き出し 4 まとめ iPhoneアプリ版のiMovieについて   iMovie(アイムービー)とは、Appleの動画編集ソフトです。 Mac OS版とiOS版があり、出荷時からアプリがインストールされていて、無料で利用することができます。 Mac OS版の方が利用できる機能や設定できる範囲と種類が多いです。iOS版で慣れた方は是非Mac OS版も利用してみて下さい。 では、編集方法の説明に入ります。 早送り、スロー再生編集 ①アプリをタップして起動します。 ②対象のプロジェクトを選択します。(ここでは、testプロジェクトを選択) ③「編集」をタップします。 ④タイムライン上のビデオをタップして選択した状態で、画面下メニューの速度計マークをタップします。 ⑤スライダーをウサギマークの方へスライドさせると映像が早送りになります。 iOS版のiMovieでは最大2倍速まで早送りが可能です。(ちなみにMac OS版だと2倍、4倍、8倍、20倍まで早送りが可能。) ⑥カメのマークにスライドさせるとスロー再生になります。 iOS版のiMovieでは最大1/8倍速までスロー再生が可能です。(ちなみにMac OS版だと1/2倍、1/4倍、1/10倍までスロー再生が可能。) 上記を設定することで、選択している映像の早送り・スロー再生ができます。 最後にフォトライブラリへの書き出しを行います。 編集動画の書き出し iMovie上で編集した動画は書き出しを行わないと、動画ファイルとして扱えない状態です。 プロジェクト上から書き出し処理を行い、パソコンへ転送したり、youtubeへアップロード出来るようにします。 ①まずは、編集が完了したら左上「完了」をタップして、編集内容を保存します。 ②上記画像内の矢印が指す「書き出し」マークをタップします。 ③画面下からメニューが出てくるので、「ビデオを保存」をタップします。 ※YouTubeをタップすることで直接アップロードすることも可能です。 ④続いて、書き出しサイズを聞かれます。特に容量を気にしないのであれば、「HD-1080p」を選択しましょう。 数字が大きいほど解像度が高くなりますが、ファイル容量も大きくなります。 ⑤書き出しが正常に完了すると、上記画像のメッセージが表示されます。 ⑥フォトライブラリで書き出した映像が1つの動画ファイルとして保存されます。 まとめ iPhone上で簡単に動画を早送り・スロー再生して保存する手順の紹介でした。 iMovieを使用すれば、速度計のスライダーを1/8〜2倍速までの間で設定すれば簡単に実現することができます。 SNSへの投稿用としてなど、ちょっとした動画編集に活用ください。